360度で撮ってAIが動画編集、新製品「Insta360 ONE X2」は実用性がグッとUP

あれもこれもできる

砂流恵介(Keisuke Sunagare)
0シェア
FacebookTwitter
Insta360
Engadget

手軽に全方位を撮影できる360度カメラ「Insta360シリーズ」から新製品「Insta360 ONE X2」が登場しました。X2とある通り、2018年10月に発売されたInsta360 ONE X(エックスと読みます)の後継機種となります。

本製品は360度カメラではあるものの、メーカーの定義ではアクションカメラの分類です。というのも、360度で撮った動画を16:9の横動画などとして切り出せます。それも手ぶれ補正がばっちり効いた状態で。

例えばこちら。この動画は渋谷のスクランブル交差点付近を歩いたものを、Insta360のアプリでAIが自動編集してくれて音楽もつけてくれたもの。動画内で、カメラが上空に向いたり看板にフォーカスしたりしていますが、撮影自体はInsta360 ONE X2を自撮り棒につけて、前を向いて普通に持って歩いているだけです。上空に向けたり、看板のほうに向いたりなどはしていません。360度撮れているので、後から良い感じのところを抜粋できます。

続いてはこちら。友人宅の猫ちゃんを撮影した動画。この動画はスマホアプリで筆者が編集をしまもの(BGMはあとから付け加えています)。動画の後半に、もう1匹猫ちゃんが登場するのですが、360度全方位撮れているカメラならではの視点になっていると思います。

上記のような動画を簡単に撮影できたり、AIがアプリで自動編集してくれたり、アプリで簡単に動画編集できたりするのがInsta360 ONE X2です。

Insta360
Engadget

Insta360 ONE X2は、5.7K動画撮影と7K(2400万画素)静止画撮影に対応するほか、360度撮影でのライブ配信や、映画『マトリックス』で弾丸をブリッジ避けするシーンで有名になった「バレットタイム(スローモーション動画)」の撮影ができる360度カメラです。

Insta360のスマホアプリをインストールすると、動画を撮影した「後」に自分の好きなようにカメラワークを再編集して動画を抜き出せるほか、スローモーションや2倍速などの早送り、特定の被写体を自動でトラッキングする機能などを使って、簡単に動画編集も行えます。

また、カメラ単体でもジンバルをつけているかのような、手ぶれ補正と水平補正が効いた動画を撮れる技術「FlowState手ブレ補正」も搭載。この機能が強力なため、ランニング程度であればほぼブレなく撮影できます。加えて、持っている自撮り棒が消える処理がされる機能も。自撮り棒を最大まで伸ばすとドローンで撮ったような映像も撮影可能です。

Insta360
Engadget

Insta360 ONE Xとの大きな違いは・・・

・タッチスクリーン対応 スクリーンサイズも40%大きく
・1630mAhのバッテリー ONE Xより 57%大きく
・10mの防水機能
・ステディカムモード
・マルチビューモード
・Insta Pano撮影モード

など。バッテリー容量が大きくなり、タッチスクリーンになったことでInsta360 ONE Xより使い勝手が上がりました。

Engadget

ステディカムモードは、2つあるレンズの片面のみを使用して超広角の映像を撮るモード。通常のアクションカメラのような撮影ができます。マルチビューモードは、360度で撮影した動画から切り取った二つの動画を上下、もしくは、片方をワイプのような形で表示するモード。片方の動画は、アプリで顔追跡をしており、常に顔がフレームに収まるように編集されます。Vlogを撮るときに、景色を映すと自分が一緒に映らない、自分を映すと景色を画角いっぱいに映せない、といった悩みを解決するモードです。こちらは、文面だとわかりにくいので参考動画を参照ください。

Insta360
Engadget

Insta Pano撮影モードは、上記のようなパノラマ写真が撮れるモード。一般的なスマホのようにカメラを動かす必要なはなく、その場でポチッとボタンを押せば簡単にパノラマ写真が撮れます。ちなみに、こちらは自撮り棒でInsta360 ONE X2を逆さに向けて、地面すれすれから撮ったもの。

Insta360
Engadget

写真に関しては、上記のように360度で撮った写真を切り抜いて使えたり、

10秒ほどの動画にしてTwitterなどにアップしたりすることもできます。スマホだと難しいアングルの風景写真や自撮り写真が撮れるのが面白いです。

ご飯動画に360度カメラはアリ

筆者がアリだなというか、これはInsta360 ONE X2ならではの映像が撮れるなと思ったのがご飯動画です。こちらは、飲食店でカレーを食べている様子を編集したご飯動画です。アクションカメラや一眼レフでご飯を食べている動画を撮ろうと思うと、料理と食べている自分を同時に映すのがかなり難しいのですが、360度だとそれが簡単にできるのと、ズームなどもおもいのままです。

この動画はサンプルとして撮っているのでスピードを上げていますが、最近YouTubeでよく見るような晩酌動画などを簡易でとれると思いました。また、対面に座っている人も360度であれば同時撮影できます。なので、真ん中にInsta360 ONE X2を置いておけば、普通にご飯を楽みながら全体を撮影できるため、ご飯に集中もできますし良いなと思いました。

ただ、360度映像から切り取る形で16:9などの横動画にするので、画質は横動画で5K撮れるような最新のアクションカメラと比べれば多少落ちます。とはいえ、1080pで書き出しできるので粗いということはなく、YouTubeにアップしたり、普通にみたりする分には十分です。

最後に、Insta360 ONE X2の製品仕様を記載します。

サイズ: 幅4.62×高さ11.30×奥行き2.98(cm)
重量: 149g
静止画:360度 6080×3040(2:1)
Pano: 4320×1440 (3:1)
動画:5.7k(5760×2880@30fps、25fps、24fps)
4k (3840×1920@50fps、30fps)
3K (3008×1504@100fps)
広角 (ステディカムモード)
2560x1440@50fps, 30fps
1920x1440@50fps, 30fps
1920x1080@50fps, 30fps
静止画フォーマット:jpeg(アプリ経由で変換)、RAW(dng、デスクトップアプリ)
動画フォーマット:360度:insv、ステディカム:MP4
レンズ口径:F2.0
バッテリー容量:1630mAh、5.7K@30fpsの場合約80分
動画露出モード:オート, マニュアル (シャッター速度 1/8000-1/30, ISO 100-3200)
動画エンコード:H.264, H.265
動画の最大ビットレート:100Mbps
ジャイロスコープ:6軸ジャイロスコープ

価格は5万5500円(税込)。10月29日より発売で、Insta360公式サイトInsta360.comや、Amazon、楽天、家電量販店などで購入できます。

Insta360
Engadget

Insta360製品はスマホアプリでAIが簡単に動画を編集してくれる機能が優れており、テンプレートの種類も豊富にあります。360度カメラとしても楽しめて、アクションカメラのような切り出しもできるので1台あると何かと便利です。

決して安い価格ではないですが、あれもこれもできる性能なのでアクションカメラを検討している人は選択肢のひとつに入れてみるのもいいと思います。

関連リンク:Insta360


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: insta360, insta360one, Camera, Action camera, news, gear
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents